矯正治療を行う事で見た目が良くなり自信がつく

レントゲン写真のみでは骨や歯などの

歯医者であごの骨や歯の状態を、もっと詳しく知りたい場合は、一般的にレントゲン診査が行われています。
歯科治療の多くは、レントゲン写真のみでも問題なく行えるのですが、処置内容によりレントゲン写真のみでは情報が不十分なため、歯科医師の勘に頼り不確実な治療が行われるということになります。
レントゲン写真では、骨や歯などの硬い組織について知るにはとても便利ですが、画像は2次元的(平面的)なため、3次元的な(立体的な)形を知ることは不可能です。
そのため、レントゲン写真のみの情報をもとに治療を行う際は、骨や歯の立体的な様子を歯科医師がある程度イメージして行わなければいけなかったのです。
しかし、歯科用CTで撮影することにより、レントゲンでは確認が不可能だった事が正確に分かるようになり、安全においても質の高い治療が可能になります。

歯の細部を肉眼の6倍から32倍に拡大

現在、歯科用CTは特にインプラント治療には必要なものとなっていますが、インプラントだけではなく、根の治療や歯周病治療・親知らず抜歯、顎関節症の診査などの幅広い分野で威力を発揮しています。
肉眼の6倍から32倍に拡大し、歯の細部を見る事が可能なので、歯という細かい部分をより確実に、治療するために、マイクロスコープ(顕微鏡)を設置しています。
近年の歯科治療において、より精密さが求められるようになってきているのです。
マイクロスコープを使用する事により、肉眼の6倍から32倍程に拡大して見る事が可能なため、より正確でより精密に、そしてより安全性に優れた質の高い治療を行う事が可能です。
マイクロスコープについては、眼科や心臓外科・脳外科などの細かな部分をみる診療科では、当たり前の物として使用されており、同じ細かい部分を治療している歯科でも使用する事が当たり前だという考え方が、最近は主流になってきています。


この記事をシェアする
TOPへ