歯並びが気になる際にどこに行ったら良いか迷っている方は

審美歯科では口元や歯を自然に美しく

口元というのは、自分が思っている以上に他人は見ているのです。
欧米では、歯や歯並びの美しさがその方の地位を表し、仕事上においても歯が綺麗であることが、もはや社会人の常識とされているほどです。
グローバル化が進む中において、日本でも歯の美しさを求めて、審美歯科を希望するという方が増えてきているのですが、実際には「審美歯科」は歯を綺麗にするというだけの治療ではないのです。
審美歯科においては、口元や歯を自然に美しく見せるということと合わせて、歯や体にとり優しい生体親和性に優れた材料を使用しますので、健康的に治療することが可能です。
セラミックとは陶材のことで、天然歯のような透明感や色調を再現するだけではなく、丈夫で体に優しい素材です。
セラミックインレーやオールセラミッククラウンについては、全てがセラミックでできているため、審美性に優れています。

自然な歯のような見た目を再現する

ジルコニアクラウンについては、強度に優れたセラミック素材であり、力が掛かる奥歯やブリッジなどに使用されています。
メタルボンドクラウンについては、金属の枠組みの上にセラミックを焼き付けたものなので強度に優れています。
メリットとしては、自然な歯のような見た目を再現する事が可能・歯垢がつきにくいため虫歯や歯周病になりにくい・体に害がないなどで、デメリットとしては、ややすり減りが早い・保険治療と比較して高額・年数が経つと変色してしまうなどが挙げられます。
前歯のすきっ歯や、ホワイトニングでは白くする事ができないほど重度の変色という前歯でお悩みの方は、ラミネートベニアにて簡単に解決が可能です。
ラミネートベニアについては、歯の表面を薄く削ったところに、薄い板状のセラミックを付けて爪のように貼り付けると、見た目を改善する事ができる治療法です。


この記事をシェアする
TOPへ